【比較】コーヒーを淹れる?コンビニコーヒ?コスパはどっち?

お金のこと・老後
hiroshi
hiroshi

コーヒーを淹れると節約できるのかな?

私の素朴な疑問でした。

答えは明確!

365日毎日コンビニでコーヒーを買うのと、コーヒーを淹れるのでは、コーヒーを淹れるほうが年間3万円得します。

では、具体的にどれくらい節約できるか以下の2点をもとに比較します。

1.銘柄によるコーヒー1杯の値段の比較

2.銘柄による年間のコーヒー代

どうして、こんなことを調べようと思ったのか?

理由は以下の2点です。

1.コーヒー依存症になっている

2.コンビニコーヒーはコストがかかる

これらについて、少し詳しく説明しますね。

私はコーヒーの味はともかく毎日飲まなければならないくらい依存症になっています。

下手すると、1日4杯以上は飲んでいるのではないかと思っています。

美味しいコーヒーを飲みたいときにはコンビニで買ったり、そうでないときはインスタントコーヒーを飲んでいます。

インスタントコーヒーは淹れたコーヒーと比べると味は少し落ちる。

コンビニコーヒーを毎日買うとコストが掛かる。

どうせなら、節約し美味しいコーヒーを飲みたいと考えるようになりました。

では、コーヒーを淹れるとどれくらい節約になるか私なりの比較調査をご覧ください。

スポンサーリンク

コーヒー豆を徹底比較1杯『16円~71円』コスパは?

この調査はAmazonで星4つを獲得しているコーヒーをもとに調査したものです。

まずは、コンビニコーヒー R(レギュラー)またはS(スモール)の量と値段を調べてみました。

※ここではL(ラージ)サイズを載せるとややこしくなるのでR(レギュラー)のみ表にします。

店舗RまたはS(量)価格(税込み)
セブンイレブン150ml100円
ファミリーマート155ml100円
ローソン160ml100円

こんな感じです。

では、次にコーヒー豆を購入し淹れるとコーヒー1杯いくらになるか次の計算式で算出します。

120mlのコーヒーを淹れるのに10gのコーヒー豆を使います。

1g=12mlとするとコンビニコーヒーと同じくらいの量のコーヒーを淹れるのに12g程度のコーヒー豆が必要かなと思います。

次にAmazon星4つのコーヒー豆を参考にしてコーヒー1杯の値段を考えてみましょう。

計算式 価格÷量×12g=コーヒー1杯の値段

※コーヒーフィルターや水、電気代を考慮し1杯の価格を四捨五入したり少しだけ上乗せしています。

澤井コーヒー【ビクトリーブレンド ブレンドフォルティシモ】

500g×4袋(2種類) 2,999円

1杯19円

AGFちょっと贅沢な珈琲店 【キリマンジャロブレンド】

1000g 1,318円

1杯16円

AGFちょっと贅沢な珈琲店 【モカブレンド】

1000g 1,382円

1杯17円

セイコー珈琲【ホテル・レストラン用コーヒー豆】

1000g 1,340円

1杯17円

KOBE COFFEE 【ヨーロピアンブレンド】

300g 1,750円

1杯71円

TOKYO COFFEE

400g 2,132円

1杯65円

小川珈琲店 【カフェインレスブレンド】

180g 950円

1杯64円

以上、比較してみましたが、『16円~71円』とコーヒー1杯あたりの値段にはかなり差があるようです。

コーヒーを淹れるとコンビニコーヒーよりコスパが良い。

コンビニコーヒーを毎日1杯買って飲む1年間100円×365日=36,500円です。

コーヒー豆を買うと最安値16円で1年間 16円×365日=5,840円です。

差額 36,500円-5,840円=30,660円です。

なんと30,660円も節約できるんです。

ちょっと高級な豆で計算してみます。

最高値71円で1年間 71円×365日=25,915円です。

差額 36,500円-25,915円=10,585円です。

これでも差額が10,000円程度でます。

まとめ

正直な感想ですが、家でコーヒーを淹れると割とコスパが良いなと思いました。

塵も積もれば山となる。そんな印象です。

自分好みのコーヒーが見つかれば、絶対にコーヒーを自宅で淹れるほうがコスト的にお得です。

私は、コーヒーは好きだけどそこまでこだわりはないので、1杯20円程度のコーヒーで満足できるかもしれません。

1年で3万円 10年で30万円・・・

hiroshi
hiroshi

そんなに差はないかな?

これをどう思うかは人それぞれです。

少し知識として覚えていただくと、節約生活するときの参考になるかなと思い記事にしてみました。

また、コスパだけ考えると確かに安くなるのですが、手間の部分を考えると結構なものかもしれませんね。

ドリップの準備をしたり、使用後は洗ったり・・

コンビニだったら紙コップを捨てるだけでいいですから。

以上です。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました