【最優先事項】共働きの夫婦が豊かな人生を送るには?

キャリアアップ法
スポンサーリンク

共働きの夫婦が豊かな人生を送るには?

こんにちはhiroshiです。

共働きをしている皆さんにお聞きしたいと思います。

しっかりと、趣味活動の時間、自己成長のための時間、リラックスの時間を確保できているでしょうか?

共働きをしていると、家事は分担してやらなければならなくなります。

配偶者に全部任せてしまえば、間違いなく熟年離婚に発展するでしょう。

少なからず、仕事から疲れて帰ってくると沢山の家事が待っています。

家庭での責任を果たしつつ、もっと趣味もしくは自己成長のための時間を確保できたらと思う事ってありませんか?

この記事では、

『緊急でないが重要なこと』に時間を割くことの大切さ

『緊急でないが重要なこと』に費やす時間を確保するにはどうすればいいのか

この2つを書籍『7つの習慣』を元にに考えてみたので参考にしていただけたらと思います。

緊急でないが重要なことに時間を割くことがなぜ大切か

『7つの習慣』著者、スティーヴン・R.コヴィー氏は、『緊急ではないが重要なこと』に時間を割くことで、未来の人生に豊かさを与えると言われています。

※下図を参照してください。

皆さんは、1日の内でこの『緊急ではないが重要なこと』(以下第2領域と呼びます。)にどれだけ時間を割くことができているでしょうか?

その第2領域を具体的にあげると

・将来のための勉強(資格、知識)

・旅行

・趣味活動

・健康管理

第2領域以外の領域はやらされている(受動的である)という感じが強いものに対して、第2領域は唯一自らの意思(自発的)でやっている活動といえるでしょう。

hiroshi
hiroshi

結構やらされている活動って多いんだね。

人生で成功する。豊かな人生を送るためには、第2領域に費やす時間を多くとらなければなりません。

私の家のように共働きをしていると、仕事や家庭で第1、第3領域で時間を費やされます。

そして疲れ切った私達は残った時間でだらだらと過ごす(第4領域)ことに時間を使ってしまいます。

そうすると、何も得ることのないつまらない人生になってしまいます。

『緊急でないが重要なこと』に費やす時間を確保するには

家事は、生きている以上どうしてもおろそかにできません。

調理、掃除、洗濯等の家事は第3領域にあります。

1日は24時間で家事に時間をとられていては、人生を豊かにするための最優先事項である第2領域に時間を費やす事ができません。

hiroshi
hiroshi

家事って本当に時間をとられるんだよね~

さらに言えば、第2領域は緊急ではないため、後回しにされがちです。

しかし、人生を本当に豊かにするためには、この『緊急ではないが重要なこと』を最優先事項として取り組みなさいと『7つの習慣』の著者、スティーヴン・R.コヴィー氏は言っています。

hiroshi
hiroshi

家事は適当にできないし、どうやったら時間を確保できるんだろう。

第3領域の中の家事にとられる時間が短くなれば、第2領域に費やす時間を確保できます。

それでは、家事の時間を短くするためにどのような方法がとれるのか?

・物を少なくしたり整理整頓して掃除機をしやすくする

・時短家電の有効活用(電気圧力鍋、乾燥機を使う等)

・冷蔵庫を整理して使いやすくする

共働きの家庭の場合、家事の手間を極力少なくすることが、空いた時間を作り出すのに効果があるのではないかと思っています。

物を少なくしたり整理整頓して掃除をしやすくする

日頃の整理整頓は家事を時間短縮するうえでは有効です。

とにかく、ものが散らかっているとまず散らかっているものを移動させ掃除をしなければならなくなります。

そして、掃除を妨げている物自体を捨て、極力必要なものだけで暮らすミニマルな生活を心掛ければ掃除にかかる時間は短縮できそうです。

物を持つということは、同じように管理する手間が掛かるので、時間を消費してしまいます。

本当に必要なものかどうか良く考えてから購入しましょう。

以前にこんな記事を書いていますので、よろしければ参考にしてみてください。

↓  ↓  ↓

【ミニマリストとは?】物を持たない暮らしのメリットと気を付けて欲しいこと

時短家電の有効活用(電気圧力鍋、乾燥機を使う等)

時短家電を有効活用する。初期投資は必要ですが、時間を短縮することでそれ以上の費用対効果をあげることができます。

洗濯の中で干すという動作はしわを伸ばしたり、ハンガーに服をかけたりなど結構時間が掛かります。

電気代は掛かりますが1回につき何百円も電気代は掛からないです。

乾燥機で乾かすことで洗濯物を干す動作に使用していた時間を短縮できます。

でも1つ注意して欲しいのは、購入する時には本当に使えるかどうか?しっかり考えて購入しましょう。

結局は物が増えることになるので、管理する時間とかも検討しなければ本末転倒になる可能性があります。

冷蔵庫を整理して使いやすくする

冷蔵庫の管理はとても奥が深いです。

全ての家事がここに凝縮されているのではないかと思うくらいです。

調理する時に食材がどこにあるか一目でわかれば、探す手間が省けるし、賞味期限の管理で食材を無駄にすることもなくなります。

食材管理ができていれば、スーパーで食材を選ぶ時間までも短縮できます。

ここでは簡単に書いていますが、これが結構難しいです。

私も今この冷蔵庫管理に力を注いでいます。

まとめ

最後に、共働きをしているとどうしても、『緊急でないが重要なこと』に時間を使うことができなくなってしまいます。

時間を作ることができない要因として、1日の中で家事が占める時間が異常に多いことに気づきました。

その家事で疲れ果ててしまい、緊急でもないが重要でもないことに時間を使ってしまっていたのです。

家事に費やす時間を短くすることによって、第2領域に費やす時間を確保できます。

時間が確保できたら、できればだらだら過ごすのではなく、第2領域に時間を費やすことで人生は豊かになる可能性は高くなります。

共働きのみなさんへ、明るい将来のため一緒にがんばっていきましょう。

よろしければ応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました