【体験談】引き寄せの法則!でも行動をしないと効果がない。

キャリアアップ法

かなり挑戦的なタイトルをつけさせて頂きました。

『引き寄せの法則』とは、叶えたいこと(目標や夢)を潜在意識に強く印象づけることで、叶えたい現実を引き寄せることです。

引き寄せの法則本を読んで、「強く夢を描いているのにぜんぜん叶わない。引き寄せなんて信じられない。」こういった話をよく聞きます。

なので、なぜ引き寄せの法則が上手くいかないのか?
私の考えた結論を言います。

それは、強く思いを描いていても『夢をかなえるための行動』をしていないからです。
もしくは、『現状とかけ離れた夢、目標を思い描いている』のではないでしょうか。

それに向かって、行動すれば絶対とまではいきませんが、いくらか目標達成、夢が叶う確立が高くなります。
引き寄せの法則については、ただそれだけだと私は思っています・・・

では、記事を読んでくださってありがとうございました。

それでは、次回の記事でまた会いましょう。

hiroshi
hiroshi

・・・・・・・

って、これだけの説明だけでは、納得いきませんよね。

行動できないのはきちんと理由があります。
それは、目標や夢の想い描き方に関係があると思っています。

私なりにしっかり考察してみたので、もう少し詳しく引き寄せの法則についての正しい目標達成、夢を叶える方法をhiroshiの視点でお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

引き寄せの法則とは?

引き寄せの法則について、少し説明をしたいと思います。

まず、引き寄せの法則とは、全文でもお伝えした通り、叶えたいこと(目標や夢)を潜在意識に強く印象づけることで、叶えたい現実を引き寄せることです。


引き寄せの法則に対して、少し間違った思い描き方がありますので説明します。

例えば・・
お金がないから1000万円がどうしても欲しい。

今は文章が苦手だから、いつかは文章が上手くなって絶対に書籍を出版したい。

このように、思考している場合、アンダーラインを引いた前半部分が潜在意識にインプットされてしまいます。
『お金がない私』『文章の苦手な私』というふうにです。

正しい引き寄せの法則は、”すでに持っている現実を思い描く”ことだそうです。

例えば・・
・私は1000万円をすでに持っている。

・私は書籍を出版している。

・~のプロフェッショナルになっている。

さあ、みなさん!このように”すでに手に入れている”と強く思い描くことができますでしょうか?
思い描くことが簡単だと思われるかたも難しいと思われる方も多数いらっしゃると思います。

なぜ、思い描くことが簡単だったり難しかったりするのか?
引き寄せの法則に関する書籍を読むと、結構そこら辺がざっくりしていて実践しにくいと思っていました。

hiroshi
hiroshi

潜在意識にインプットしろだなんて、具体的にどうすりゃいいんだよ

叶っていないから夢や目標を持つんじゃないの?

すでに手に入れていると思い描くことがなぜ難しいのか?自分自身に当てはめて考えてみました。
それは、”叶えようとしている夢や目標が自分のいる地点から遠く離れすぎているから”という結論にたどり着きました。

夢や目標を引き寄せたいと思っている方はもしかしたら、自分のいる位置をしっかりと把握できずに夢や目標設定をしているのではないでしょうか?
次の項では、そのことについて詳しく説明したいと思います。

すでに手に入れているという感覚は自分のいる地点から離れているほど想像しにくい。

例えば、目の前に置かれた100万円と100万キロ離れた位置においてある100万円があります。

すでに手に入ったと感覚を得られやすいのはどちらでしょうか?

恐らく、目の前に置かれた100万円の方がもうすでに手に入れたと感じやすいのではないでしょうか。

夢や目標も同じで、自分のいる地点から遠く離れるほどすでに手に入れているという感覚を得にくいと思います。

例えば、40歳であまりスポーツに慣れ親しんでいない私が、プロ野球選手になると強く想像したり、勉強もあまりしていない短大卒の私がいきなりノーベル賞をとるなどの夢、目標を立てても全く現実的ではありません。

元プロ野球選手の新庄選手のように、もう一度プロ野球選手を目指すなどは、私と比較すればまだ現実的ですし、すでにその分野で長年努力している人がノーベル賞を目指すといえばなるほどと思います。

何が言いたいのかというと、自分の今持っている能力、年齢等の時間的なものと今から達成しようとしている目標や夢との距離関係が深く関わっているということです。

距離が近ければ近い程、夢や目標を強く描きやすいと考えました。

引き寄せを成功させるための具体的な方法

hiroshiは引き寄せの法則を勉強しながら、引き寄せを成功させるための具体的な方法を考えてみました。
手順は以下の通りです。

夢や目標を叶えるためのプロセス

・自分のいる位置を把握する。

・夢や目標を叶えるため、想いのハードルを下げる。

・夢や目標を強く思い描けたら行動に移す。

・行動を習慣化させる。


これらについて、詳しく説明していきたいと思います。

自分のいる位置を把握しよう

思いのハードルを下げることについては自分のいる地点によっても変わってくると思います。

100万円貯めるのに”月収100万円の人”と”月収20万円の人”では難易度は異なります。

また、”すでに500万円を貯めている人にとっての1000万円の貯金”と”今から始めようとする人にとっての1000万円の貯金”では意味が変わってきます。

更に言うと、”月収100万円の人であっても月々の支出が95万円ある人”と”月収20万円の人であっても月々の支出が10万円の人”では、後者のほうが貯蓄に回すお金が多くなります。

よって今自分がいる地点をしっかり把握したうえで、目標を設定することが必要になりそうです。

夢や目標を叶えるために想いのハードルを下げよう

さきほど話したように、自分のいる地点を把握し、今いる地点から近いものを夢や目標にすると、強く思い描きやすくなります。

1000万円貯金をするという目標を100万円、10万円・・・と設定を低くすることによって、目標は現実味を帯びてきます。
いきなり、1000万円を貯めるのではなく10万円になれば、もうすでに手に入れているという感覚になれます。

ちょっと図解で説明します。

叶えようとしている目標が達成できると信じれるところまでハードルを下げると、夢や目標が強く思い描けるでしょう。

夢や目標を強く想い描いたら行動しよう

夢や目標を達成するためには、行動を起こす必要があります。
例えば、あなたはすごく喉が渇いています。そして1メートル先のテーブルの上に水が置いてあります。
あなたならその水を手に入れるためにどうしますか?
恐らく、水を手に入れたかったら自分で歩いていくか、誰かを呼んで水をとってきてもらうでしょう。
これらには、水を手に入れるという目標を達成するために行動が伴います。
「喉が渇いたから水を飲みたい」と永遠に強く願っていても行動しない限り、水は手に入らないでしょう。
というか、こんな状態で『すでに私は水を手に入れている』とは思えないか・・
色々な引き寄せ本を読んでいると強く夢や目標を想い描くだけで願いは叶うと勘違いしてしまいそうです。
行動がなければ夢や目標は一生懸かっても叶うことはないでしょう。

強く願うと行動するための動機になるのは間違いないのですが、その行動を続けるための強い思いだけでは正直物足りないと考えています。
なので、夢や目標を潜在意識に落とし込む、その為の行動を決定し習慣化することが必要です。
要するに夢や目標に必要のない習慣や行動は排除し、夢や目標を達成するために必要な習慣や行動を再構築することです。夢や目標を強く思い描くことは、そのプロセスの手助けになると考えました。

夢は思い通りに叶うかどうかはわかりませんが、行動だけは自分で決めてコントロールできる部分です。
しっかり習慣化して行動していけば、たとえ夢、目標が叶わなかったとしてもそれなりに結果は残していけるのではないかと信じています。

あわせて読みたい記事

↓   ↓   ↓   ↓

hiroshi流、引き寄せの法則の具体例

子どもの大学費用や老後のため、お金を貯めたいとふと浮かんできたとします。

そのためにお金を貯めようと決意するわけですが、その前に現在、自分が置かれている位置というものを考えます。

・収入は夫婦合わせて40万円でも支出は39万円

・老後の費用は大事だが、3年後には子どもの大学進学が待っている。

・現在の貯蓄は30万円

・大学費用は初年度120万必要etc…

現在の自分のいる位置を把握します。

現状でわかっている部分は、余剰資金は月1万円で貯蓄は30万円です。
月1万円ずつ貯金しても3年で36万円なので、120万円まで届きません。

現時点での120万円はハードルが高いので下げていきます。
さらに細かく自分のいる位置を把握します。

支出において、”お酒にかかる費用、固定費、外食費などの見直しをしていくと収入に見合ってないお金の使い方や浪費”など悪い習慣によるお金の使い方になっているかもしれません。

月3万円の余剰資金ができると3年間で108万円貯蓄できますので、目標120万円は現実味を帯びてきます。
あとは、悪い習慣や浪費を絶つための行動計画を立てるだけです。

例えば、
・お酒を毎日350ml缶を2本飲むのが習慣であれば1本にする。

・飲み会を月2回以上行くのであれば1回に抑える。

・スマホの通信料が高ければ格安SIMに変更する。

また、逆に支出を抑えるのではなく、収入を上げるなどの方法も考えられます。

・副業を始めてみる。

・新たな資格の取得にチャレンジする。

・本を読んだりセミナーに参加するなどしてスキルアップを図る。

業種によっては、資格を取ると5000円~20000円程度の手当がもらえる場合があります。
これらの時間を確保するためには、生活習慣にも目を向けなければなりません。
このように、夢や目標を叶えるには、コツコツと小さな行動を繰り返していくこと以外に方法はないと思っています。

引き寄せの法則本に物申す

引き寄せの法則がスピリチュアル的なものになっていることに、少々疑問を抱いています。
もしかしたら、引き寄せの法則について書かれている本を読んでる方の中には「強く願っているのに、なんで夢や目標が叶わないの」と思いながらずっと悶々としている方も多いのではないかと思います。
それもそのはずで、潜在意識に強く叩き込む”だとか”すでに手に入れていると強く思い描く”とか、抽象的な表現ばかりだから悶々とするのではないかと思います。
中には、「夢や目標をノートに書いていたら叶ったよ」と言われる方もいるのではないかと思いますが、それについても物申したい。

私も引き寄せの法則系の本が好きだったのでノートに色々な夢や目標を書いていましたし、その中の夢や目標は叶ったものが殆どでした。
でも、その夢や目標を読み返してみると叶いそうな夢や目標ばかりを書いていました。

欲しい物なども書いてあり、ボーナスがでれば簡単に買えるものまでありました。
だから、当時は強く思い描けば中途半端に信じていたのだと思います。

でも中には、『億万長者になる』とか『不動産王になる』とんでもない夢や目標を立てていて、当たり前ですがあまりにも今いる位置とかけ離れすぎていて叶うことはなかったです。

それでも引き寄せの法則を信じていたので悶々としていました。

おわりに

この度は、長文となりましたが、私の持論に付き合っていただきましてありがとうございました。
余程の偉人でない限り遠くの夢や目標に対して強く想いを持ち続けるのは困難です。

私みたいな凡人が大きな成功を収めるには、達成できそうな夢や目標に対してコツコツと行動し小さな成功を積み重ねながら、大きな夢や目標への距離を縮めていくことしか方法はないと思いました。

もしかしたら私と同じように引き寄せの法則が上手くいかないと悩んでいる人の気持ちがほんの僅かでも楽になれば良いなと思い記事にしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました