ダイソーひとふり計量ボトルは家事の手間が省けて収まり良し!

家事時短グッズ

調理をするときに、ゴマを袋のまま使うと保管場所に困ったり、振りかけるときに量を調整することが難しかったりすることはないでしょうか?

  1. 立てかけるのが難しいので横にして保管しなければならない。
  2. チャックが閉まりきらなくてゴマがこぼれる。
  3. すりゴマなどは、チャックの周りにゴマが付着して不衛生になる。

以上のように色々と気になる点や不便なことが多いです。

ゴマを袋のまま使用する際のデメリットを解消すべく、ダイソーでひとふり計量ボトルというものを発見したので使ってみました。

スポンサーリンク

【検証】ひとふり軽量ボトルにゴマを入れてみた

丁度、かどやの(白)香りいりごまが一袋あったので、実際、容器にいれてみます。

こんな感じでいれてみました。

hiroshi
hiroshi

なんとピッタリです。

この写真で説明すると容器の右側に少しゴマが入っていると思います。

このゴマを一振りすると約小さじ1杯分のゴマが出てきます。

※本当は顆粒だし用の容器です。

hiroshi
hiroshi

パッケージがゴマに見えたので間違えました!!

ひとふり計量ボトル、使用上の注意点

恐らく、商品のパッケージに書かれている使用上の注意については1回は見られると思いますが、パッケージを付けたまま使用することはないと思います。

恐らく、一度剥がしたパッケージは直ぐにゴミ箱行きでしょう。

使用上の注意を読み返す時にこの記事を使っていただけると幸いです。

使用上の注意

  1. 完全密封の容器ではない
  2. 横置きはできない
  3. 初めて使用する際は食器用洗剤等で水洗いをする
  4. 食器乾燥機、食器洗浄機の使用はできない
  5. 電子レンジは不可
  6. 冷凍庫での使用は不可
  7. 正確な軽量はできないので、目安として使用する
  8. 顆粒だしの種類、大きさによって軽量に誤差が生じる
  9. 中身の残量が少なくなると軽量ができなくなる場合がある
  10. 使用後は必ず蓋を閉める
  11. 蓋が空いたままだと湿気を吸収し固まる原因となる
  12. 湯気や水蒸気を発生させる電気製品に近づけない
  13. 調味料を長期間入れておくと劣化する恐れあり
  14. 変形・破損した場合は使用を中止する
  15. 火や熱源のそばに置かない
  16. 本来の使用用途以外に使用しない
  17. 使用後は食器用洗剤で洗い乾燥させる
  18. 直射日光・高温多湿の場所を避ける
  19. 子どもの手の届かない場所におく

以外にきちんと読んでみるとドキッとすることがあります。

食器洗浄機や食器乾燥機には普通にいれてしまいそうです。

『正確な計量はできない』というところを読んで、「まあそうでしょうね」と思いながら読んでいました。

実際に正確な計量かどうか試してみました。

ちょっと小さじ1杯より多めですが、まあまあ合っていました。

※これがゴマだったからもしれません。スミマセン・・(汗)

恐らく、顆粒だしだったらもう少し正確に軽量していると思います。

ちょっとやりがちなのが、使用する前に洗わずそのまま使ってしまうことです。

私もうっかりそのままゴマを入れてしまいました。(反省)

また、ゴマを入れるのは本来の用途以外でした・・

ごめんなさい。

説明書を読まずに買うとこうなるのです。

ひとふり計量ボトルは収まり良し!手間いらず

容器の形がスクエアなので、とても収まりが良いです。

これならば、4~5個くらい購入しておきたいところです。

ゴマでしたら小さじ1でなく、いつも適当に振っています。

ただ、ボトルを使うと自分で量を調整しやすいので問題はないです。

もし顆粒だしを使うのであれば、計量スプーンを使わずに顆粒だしを入れることができるので、洗い物の手間も減るしとても重宝すると思います。

まとめ

最近、ダイソー、セリアの回し者かと思われるくらい、商品レビュー記事が多くなりました。

本来のコンセプトは商品のレビューをしつつ家事における面倒な手間を少しでも省き、皆さんの大切な時間が少しでも確保できればと思い記事にしています。

  1. 立てかけるのが難しいので横にして保管しなければならない。
  2. チャックが閉まりきらなくてゴマがこぼれる。
  3. すりゴマなどは、チャックの周りにゴマが付着して不衛生になる。

このひとふり計量ボトルを使うことで、これらのことが解消されます。

調理の煩わしさがなくなり、家事の時短になります。

種類もあと2種類あるので、後日レビューしていと思います。

最後まで記事を読んでいただいてありがとうございました。

よろしければ応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました