【めざせ介護福祉士】国家資格を取得するまでの3つのルートについて解説

介護関係記事

こんにちは~ひろしです。

介護現場10年やっていました。

今はケアマネジャーを10年以上やっています。

今回の記事では介護職の資格の基礎資格(介護職員初任者研修)~上位国家資格(介護福祉士)の取得方法までをまとめました。

また、まとめただけではなく、なぜ介護業界では国家資格である介護福祉士が重要な意味を持つのか私の体験をもとに説明をしたいと思います。

これから介護の仕事に就きたいかた、

とりあえず無資格で介護の仕事に就いたけど挫折してしまいそうというかた、

挫折する前にぜひ読んで頂きたい記事になっています。

スポンサーリンク

介護福祉士をもつべき理由を私の体験談とともにお伝えします。

介護の仕事は無資格からでも始めれる仕事です。

でも、無資格からはじめるのはあまりおすすめできません。

そのことについて、私のエピソードからみなさんにお伝えしたいと思います。

私が介護の仕事に就いたときの資格はホームヘルパー2級(現:介護職員初任者研修)と社会福祉任用主事資格でした。

介護の現場に入社してくる新卒のかたは、ほとんど国家資格を持って入社してきます。

介護関係の国家資格といえば、

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士

あまり人と比べるのは良くないこととわかっていながらも、

国家資格を持っていないと劣等感を感じてしまいました。

なぜなら、資格手当がついて給料の差を感じたり、

実際に現場に入ったときに技術や知識の差は歴然としています。

資格の有無でその人の力量を決定づけるものではないこともわかっていましたが、やっぱりつらいものがありました。

そして、その差を詰めるまでに3年間という月日を要したのはとてもしんどかったです。

【国家資格】介護福祉士を取得するまでの3つのルート

私はこれから介護職をはじめるかたに失敗はして欲しくないと思っています。

そのために介護福祉士を取得するまでにはどんな道のり(コース)があるのか最初に説明します。

まずは下図を参照してください。

介護福祉士を取得して介護職に就くことをおすすめする理由

私がおすすめする介護福祉士までの道のりをずばり言います。

おすすめは養成施設ルートを選択するか福祉系高校ルートで介護福祉士を取得するです。

理由は3つあります。

  • 実務しながらの実務者研修受講はきつい
  • 国家資格を持つ同僚と比較し劣等感を感じる
  • 次なるステップのケアマネジャー受験資格を取得するのに最短8年かかる

では、それぞれの理由について説明します。

実務しながらの実務者研修受講はきつい

他の業種から転職を考えている人で、

無資格で介護の世界に飛び込んで実務を重ねながら介護福祉士を取得するのもいいのですが、

実務者研修の受講時間(450時間)を仕事しながら消化していくのはしんどいと思います。

勤務時間として受けさせてくれれば良いですが、

恐らく人材不足の介護現場ではそんな余裕はない事業所が多いと思います。

なので、休みの日を使って受講するしかありません。

体力的にきつい職場で休みの日を受講にあてるとなるときついです。

挫折する確率も高くなる

国家資格を持つ同僚と比較し劣等感を感じる

これは人それぞれだと思いますが、

最低、国家資格を持っていないと何かとデメリットを感じることがあります。

  • 同僚との初任給で資格手当に差がつく。
  • 同僚が先に昇進してしまう可能性がある。
  • 転職が不利になってしまう。

ここからは余談ですが、私は介護福祉士を取得できなくて苦しんだ期間が4年間もありました。

それまでは、鳴かず飛ばずの介護職生活を送っていましたが、

介護福祉士を取得してからの待遇は違っていました。

取得したその年から病棟でサブリーダー(リーダーは看護師に限られる)に昇格しました。

恐らく続けていれば介護部の副主任、主任などに昇格もあったと思います。

ですが、すぐにケアマネジャーをとったのでつらい夜勤から逃れるために転職しました。

次なるステップのケアマネジャー受験資格を取得するのに最短8年かかる

理由は、実務ルートだとケアマネジャーの受験資格を得るためにかかる期間が最短で8年もかかるからです。

下積み期間が長くなるので、現場に向いていないと思っているかたは挫折するリスクが高くなります。

国家資格である介護福祉士の資格をとるためには実務3年以上をクリアしなければなりません。

その間、最初に説明した実務者研修を受講しておかなければ介護福祉士を受験することができません。

ケアマネジャーの受験資格を得るためには最短3年で介護福祉士を取得し、

5年の実務経験が必要です。

現場が好きでずっと続けたいと思っているかたにとっては問題ありません。

ですが、夜勤がつらいとか現場から離れたいと思っているかたにはこの期間は苦痛に感じます。

残念ながら現場の向き不向きは実際に介護職をしてみないとわからないので、

できれば、養成校で介護福祉士を取得してから就職して下積み期間を少なくしていった方が確実です。

給付金を活用し養成校で介護福祉士を目指す

養成校で最短2年で介護福祉士の国家資格を取得することをおすすめしていますが、

養成校に通う費用の問題がでてきます。

おおまかに金額をお伝えすると200万円前後はかかります。

なので、まずは最寄りのハローワークに相談し教育給付金制度を利用できるか確認をしておくことが良いと思います。

簡単にどれくらい補助があるかごく簡単に説明します。

  • 一般教育訓練給付金(かかった費用の20% 上限10万円)
  • 専門実践教育訓練給付金(かかった費用の50% 年間上限40万円)

次のリンクから教育訓練給付金制度の詳細を確認できます。

費用をかけず介護福祉士を目指す

介護福祉士を取得し就職するほうが良いとはいいつつも、

転職組にとっては介護福祉士の資格を取得するのに200万円を捻出するのは、

かなりハードルが高いのではないかと思っています。

おすすめするのは介護福祉士を取得してから介護職に就くことですが、

途中で挫折してしまったら、その費用すら無駄にする可能性もあります。

そういったリスクを抑えるための方法をこれから説明します。

具体的には、3年間は介護福祉士の資格試験を受けることはできませんが、

費用は25万円前後で済む方法です。

まずは次のような流れで介護福祉士を取得しましょう。

  1. 介護職員初任者研修を就職する前にとる(期間3週間程度)
  2. 実務者研修を受講する(4~6か月程度)
  3. 介護福祉士を受験する(3年以上の実務経験が必須)

それぞれについて理由を詳しく説明します。

介護職員初任者研修を就職する前にとる(必要期間3週間程度)

就職する前に介護福祉士とまではいかなくても、

『介護職員初任者研修の資格』を必ず取得してください。

費用は5万円前後です。

介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)は介護職の登竜門といわれる資格です。

まったく無資格で介護の仕事に就くよりは良いと思います。

介護職員初任者研修を持っているメリットとしては次のようなことがあります。

介護福祉士の受験資格を得るため「実務者研修(450時間)」の受講をしなければなりませんが、

130時間免除になります。

そして、必要最低限の知識をもって現場に就くことができるので、

無経験から介護職をはじめるよりは、少しは理解しながら仕事ができると思います。

資格を取得する前に講座の資料を取り寄せておきましょう。

資料取り寄せや講座申し込み等について、リンクを貼っておきますので活用してみてください。

『介護職員初任者研修』の資料取り寄せおよび講座申し込み

『ケア資格ナビ』

『シカトル』


実務者研修を受講する(4~6か月程度)

とりあえず、実務者研修を450時間受講しないと介護福祉士の受験資格が取得できません。

キャリアアップには必要なので必ず受講しましょう。

費用は10~15万円前後です。

450時間は相当長いですが、先ほど説明した介護職員初任者研修を取得していると130時間免除になります。

恐らく、仕事中に受講させてくれる職場は少ないと思いますので、

休みの日を使って受講する必要があります。

大変だと思いますがデメリットばかりではありません。

ここでの受講内容は現場の知識や技術に役立ち自信になります。

もう一つのメリットとして、訪問介護事業所のサービス提供責任者になることができます。

よって訪問介護事業所の管理者になれる可能性があります。

資料取り寄せや講座申し込み等について、リンクを貼っておきますので活用してみてください。

実務者研修の資料取り寄せおよび講座申し込み

『ケア資格ナビ』

『シカトル』


ここでワンポイント

介護福祉士を受ける3年間の間で受けれる福祉系の民間資格があります。

介護福祉士試験の前哨戦として次の資格を受けてみるのも良いでしょう。

福祉住環境コーディネーター2級・3級

※ひろしも介護福祉士を受ける前に両方取得しました。

介護福祉士を受験する(3年以上の実務経験が必須)

実務者研修を受講修了しかつ従業期間3年(1095日)かつ従事日数540日以上実務経験を積んだら迷わずに介護福祉士の国家資格に挑戦しましょう。

講座を利用して確実に狙うならば、

費用は1~5万円前後で済みます。

私としては国家試験を受けるときに講座を利用しなくても独学で大丈夫だと思っています。

実際、私自身独学で介護福祉士を取得しています。

受験費用の1万円程度のみで済んでいます。

テキストや問題集の費用はかかりますが、合わせても1万円はかかりません。

3か月間程度、集中して勉強すれば高い確率で受かると思います。

それでも心配な方はユーキャンなどの講座を利用してみることをお勧めします。

ユーキャンの介護福祉士講座

まとめ

ここまで読んでいただき、実際に介護福祉士の資格を取得されたかた、

おめでとうございます。

ここまでくれば、がんばってきた自分に誇りと自信がついてきていると思います。

さあ、最後に目指すのはケアマネジャーです。

現場を続けるにしても、現場から離れるにしても必ずあった方が有利にすすむ資格です。

そして、キャリアアップに向けて必要な資格ですので是非挑戦しましょう。

それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よろしければ応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

キャリアアップまとめに戻ります。

介護職でキャリアアップを目指している方へ

ページトップへ戻ります。

きつい、給料安い、介護関係の仕事で一歩先を目指すための方法をナビゲートします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました