【必見】備えあれば憂いなし火災保険でもらい火の補償を

お金のこと・老後

今回は火事による火災保険の大切さについて記事にしたいと思います。
なぜ火災保険に入っておくべきなのか、私の実体験をもとに少しお話させていただきます。

実は10年くらい前に私の両親の実家が、もらい火で家が全焼してしまうといった、大きな事件がおきました。
火災保険に入ってなかったが故に、家が焼けても保障はなく家を建て替えるのに全額支払わなければならなくなりました。

男性
男性

もらい火で家が焼けたのに、火元の人から損害賠償請求はできないの?

そこが、この火災保険の必要性に関わる部分なのです。
この事件を機に、私も色々と火災保険について見直しを行いました。
なので、この記事に興味を持った皆さんにも同じ被害を被らないよう、火災保険の概要についてこれから説明をおこないたいと思います。

スポンサーリンク

火災保険とは

火災以外にも、風災、水害に対する補償あり。

  • 住宅火災保険
      火災の他、落雷・爆発・風ひょう雪災による損害に対応した保険
  • 住宅総合保険
      住宅火災保険に補償を更にプラスした保険
      水漏れ、外部からの飛来物への補償、盗難に対する補償等・・
  • 団地保険(マンション保険)
      マンションに適応した火災保険(水害に対する補償はなし)

火災保険に加入するときに合わせて考えたい保険

火災保険は風災や水害に対する補償がついているものが多いですが、家財や地震に対する補償についてはオプションになっています。

  • 家財保険
      家の中で使用している家電や家具が焼けたときに補償される保険
      家が全焼したときの補償があっても、家の中に何もない状態だったら元も子も
      ないですよね。
  • 地震保険
      地震や津波、噴火による被害があった場合に補償される保険
      注意したいのは、これらが発生した場合は被害範囲が広くなるため
      火災保険のように全額補償にならず50%または30%で設定する。

私が火災保険を見直したきっかけ

両親の実家が火事になったことで、はじめて知ったのですが、もらい火での火事は相手に損害賠償請求ができないのです。
よって、両親には火事の責任はなかったはずですが、火事の原因となった火元の方に損害賠償請求ができませんでした。
更に火災保険に入ってなかったが故に、家の立て直しに全額支払わなければなりませんでした。
幸い両親は無事でしたが、火災保険に加入していれば、金銭的な被害は小さくて済みました。
また、服もテレビも何もかも焼けてしまったため、日常生活においてもかなり苦労したと思います。
このような状況を目の当たりにして、すぐに私達夫婦は火災保険の見直しをしました。
火災保険は加入していたのですが、地震や家財においてもしっかり相談しながら、今後起こり得るかもしれない災害に対して備えをしました。

失うものはお金や建物だけではない

この記事で一番伝えたいのはこの見出しの部分です。
この事件が起こるまでは、両親と火元の方との関係性は悪くなかったと思います。
火事の原因は火元の方の火の不始末でした。
それによって両親の家は焼けてしまったうえに、夜中だったのでもし火事に気付かなければ命さえ失っていたかもしれません。
火元の方はその地域に住めなくなり、人間関係においても大きな影響を及ぼしました。
そして、高齢になった両親にとって新しい家のローンを組むのも大変なことです。
自分たちの代では支払いきれない部分は子どもがローンを払うという選択を取らざるを得ない状況となりました。
火事で家が焼ける以外にも心に受けた損害は大きかったと思います。

おわりに

火災保険について、火事によって失うものは家やお金だけではなく、人との関係も壊してしまいかねないと思うので、基本的な補償については必ず入っておくべきだと私は思います。
基本的な火災保険に加入しておらず、そうなった場合はやはり自己責任になるので・・
他のオプションについては、それぞれの地域特性や状況によってよく相談して決めることをおすすめします。
今回のことで、火災保険を見直すことになったのですが、私は家財保険と地震保険に加入することに決めました。
なんでもかんでも必要以上に補償をつければ良いとは思いません。
家計と相談しながら必要なものを必要なだけ利用すれば良いと思います。
保険会社も商売ですから、色々と不安を煽りながら補償をつけたがる傾向にありますのでご注意を・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました