【物を増やしたくない】物についてくる手間、場所、想い、これを知ったら物は減る

ミニマリスト・断捨離

いくら収納を頑張っても、まったく片付かない。

いつの間にか汚部屋になってしまう。

ひろし
ひろし

毎日、掃除しても片付けても部屋がまったく片付かない(涙)

もしこの内容にあてはまる方がいるとしたら、物の本質を理解し向き合う必要があります。

物は日々の生活を豊かにする一方で、その反面たくさん持ち過ぎると管理が大変になります。

まずは、物を持つということは何を意味するのかこの記事でお伝えしたいと思います。

私も物を持つ意味を知るまで、「あれも欲しい、これも欲しい」と言って気付けば物であふれかえり、掃除をしてもしても片付かない状況が続いていました。

私自身も『物を増やしたくない』と考え、物に対する考え方を今一度見直す機会を作ろうと記事にしてみました。

この記事を読んで頂くことで、物が持つ意味と物を手放す際の基本がわかります。

スポンサーリンク

物を持つ意味、物に付帯するものとは?

物を手に入れると付帯してくるものがあります。

付帯するものは大きく分けて3つあります。

  • 管理する手間
  • 保管する場所
  • 物に対する想い

では、物に付帯する3つのことについてこれから説明します。

管理する手間について

物を購入すると買いっぱなしでは済みません。

それを清潔に保つこと、壊れないようにメンテナンスが必要です。

ぬいぐるみやフィギュアなど、ほこりをかぶるので定期的に拭き取ったり払ったりする必要があります。

量が多ければ多くなるほど、その作業が増えてしまいます。

よって管理を続けていくことは時間をとられますし手間になり疲れ果ててしまいます。

ほっとくと物は汚れたり壊れたりするため必要のないものへと変化します。

結局、管理が面倒くさくなるので、汚部屋になってしまうのです。

私もプラモデルやフィギュアが好きで収集してしまう方でした。

今は殆ど処分しましたが、本当に管理が大変でほこりを落とす作業で何時間も費やしてしまうという始末でした。

保管する場所について

物を購入した時にはそれを保管したり、飾っておくための場所が必要になります。

物が増えれば増えるほど、保管する場所がなくなり溢れかえってしまいますのでやむを得ず収納家具を買ってしまいます。

収納すると目に映らなくなるので使わないものが増えてきます。

使わないものを保管しているだけなので、収納家具はいわゆるゴミ箱化してしまいます。

さらに収納に収まりきらなくなるとパニックです。

時々、クローゼットを確認すると「これいるのかなぁ~」というものが出てきます。

ひろし
ひろし

物が増えすぎて収納家具を買おうと思ったときは要注意ですね。

物に対する想いについて

物と想いについてですが、これが物を持つ意味のなかで大きなキーとなります。

なぜならば、物には管理する手間や場所が付帯していることを理解し処分しようとしても、想いが詰まった物にはそれを留まらせる力があるからです。

簡単な例でいくと、大好きだったアーティストのポスター、子どもの描いた絵画や手紙、写真、友人からもらった贈り物など・・・

物自体には興味がなくなったとしても想い出が詰まってしまうことで捨てにくくなります。

どこかでその執着を断ち切らなければ、部屋を綺麗な状態に保つことができません。

これらの想いを持つ物は一つ一つ想いを配る必要があるのです。

その物を見る度に想い出が蘇りますので心の疲労がたまってしまいます。

想いが重いものは処分するのが特に大変です。

物を買う時にまず考えておきたいこと

物に支配されてしまうのかそれとも良い関係をつくることができるか手に入れる時には良く考えなければなりません。

まず、購入しようとする物を手にとる時に次のようなことを良く考えてみましょう。

  • その物は手間をかけてまで持つことができる覚悟はある物か?
  • その物を管理できるキャパはあるか?
  • その物を保管できる場所はあるか?

これらのことを良く考えるだけでも、今以上に物を増やさないことが出来ると思います。

物をたくさん持ち過ぎないために

「欲しい!!」という衝動で毎回買ってしまうと物が増えすぎて汚部屋になる可能性が高いです。

一番効果があるのは先ほど紹介した物を買う前に、管理できるキャパ、場所について良く考えることです。

そうすると自然に無駄な浪費は減ります。

一番処分が難しいのが想いを持った物です。

そんな処分の難しい物も想いを残したまま処分できる方法があります

最近ではデジタル技術が進化しています。

想いを持ったものは処分しにくいと思いますので、特に写真や子どもの描いた絵画や手紙などはデジタル化することが良いと思います。

デジタル化したあとに処分をすれば、想いを残したまま物を処分することができます。

物を減らすことは管理の手間を省くことで縛られない自由な時間を確保することと、場所の確保、そして心の負担を軽くする役割を持ちます。

大事だけど使わないものは手放す

ちなみにこの記事を書きながら自分自身が反省し、大事なものを売却することに決めました。

いつかはやると思っていたゲームの本体でしたが、5年以上起動させませんでしたので管理と場所だけがとられていました。

また、「いつかやろう」という想いがいつも頭の中を巡っていたので、想いによる負担も感じていました。

結果、売却したことですっきりしました。

本当に必要になった時に買い直そうと思います。

まとめ

このままで全く問題ないという方は良いのですが、もし片付けで困っている方がいましたら、まずは物を持つ意味を良く考えてみてください。

もしかしたら、自分の管理の限界を超えるほどの物を持っている可能性想いが多く詰まったものを手放せないでいる可能性があります。

この記事では、物そのものが持っている意味を考えることで、物が増え過ぎないことで負担を減らす方法について説明してみました。

物が増えすぎて困ったら、この記事を是非参考にしてみてください。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました