【必見】積立NISA始めてみた。メリット・デメリットともに解説

お金のこと・老後

こんにちは~ひろしです。

最近、積立NISAのことをネットなどでよく見かけるけど、「いったい何?」と思ったことはないでしょうか?

積立NISA(少額投資非課税制度)は2018年1月から開始されました。

国民の皆さんが、投資に参加しやすくするため、投資で得た利益にかかる税金を優遇する制度です。

積立NISAの一つの特徴として、株による投資のように短期的に利益を得るものではありません。

長期に積み立てることで、低リスク、低リターンで運用していく投資方法の一つです。

なので、老後の資金づくりなどに向いています。

そんなわけで、私(hiroshi)も積立NISAを始めてみたのです。

積立NISAを始めるにあたって、色々調べてみましたのでメリット・デメリットとともに皆さんにシェアできたらいいなと思っています。

スポンサーリンク

どんなメリットがあるの?

まず、簡単に積立NISAのメリットをあげるとすれば、20年間積み立ててきた投資額に対して税金が掛からなくなります。

本来ならば、利益の20.315%税金がかかります。

10万円利益がでれば、2万円税金で取られるということになります。

ひろし
ひろし

えっそんなにとられるの?

積立NISAを利用すれば、一般的な投資よりも税金が2割程度お得になります。

では、そのような積立NISAですが、これから投資を始めようとする方にできる限りわかりやすく説明できたらと思います。

次の3点を中心にわかりやすく説明します。

積立NISAの仕組みとは

改めて積立NISAのメリットとは

積立NISAのデメリットとは

それでは、よろしくお願いします。

積立NISAの仕組みとは

1年に1回”40万円分の※投資信託を入れることができる非課税の箱”が準備されます。

※ここでいう投資信託とは・・国が定めた基準を満たした投資信託 159本

 

②40万円分の投資信託を入れた箱は運用していく中で、40万円より増えたり減ったりします。

投資した金額よりも価値が下がってしまうことを元本割れといいます。※下の図参照

③40万円分の投資信託を入れた箱で得た利益は20年間税金がかかりません

40万円分の投資信託を20年間運用し20万円の利益が出た場合の図

⑤40万円分の投資信託を入れることができる箱は2018年~2037年まで1個ずつ準備されています。

 そして、2018年の箱は2037年まで、2037年の箱は2056年まで税金がかからず運用できます。

・箱は1年に1個、最高20個もらえる

・もらった箱は最長20年間税金がかからず運用できる。

図にすると以下のようになります。

積立NISAの方法としては、1ヶ月に1度決められた額を積み立てます。

毎月、設定した金額が引き落とされます。

因みに私はNISA口座を積立NISA口座に変更し2021年4月から開始することになりました。

1か月に1万円ずつ積み立てるように設定しています。

1万円×12か月=1年12万円

12万円入った箱(上限40万円)を20年間で得た利益に対し税金がかかりません。

今後、運用実績などできれば3ヶ月毎に報告していきたいと思います。

改めて積み立てNISAのメリットとは

ここで、改めて積立NISAのメリットをお伝えします。

積立NISAで得られるメリットは以下の5点です。

運用利益に対して税金がかからない

長期に投資することで低リスク

老後の資金づくりに適している

国の基準を満たした商品から選択できる

資金難になった時に途中売却できる

それでは、メリット5点に対して詳しく説明していきたいと思います。

運用利益に対して税金がかからない

これについては、先ほどの積立NISAの仕組みで説明した通りです。

せっかく得た利益が2割も税金でもっていかれたら少し残念ですよね。

20年間運用して得た利益がそのまま手元に入るのは、とてもお得です。

長期に投資することで低リスク

いっぺんに多額を投資するのではなく長期に一定額ずつ少額投資することで、株価の変動に対するリスクが抑えられます。

投資信託の教科書で書かれていた『ドルコスト平均法』が適用されます。

『ドルコスト平均法』についてわかりやすく説明されていたので紹介します。

※画像をクリックするとAmazonの公式ページに移動します。

ドルコスト平均法は毎月一定額を購入することで株価が高いときには、投資信託を少ない口数で購入し、株価が安くなった時には沢山の口数の投資信託を購入することができます。

『ドルコスト平均法』については、説明すると長くなりますので、今後記事にしていきたいと思います。

老後の資金づくりに適している

積立NISAは長期で運用することによって、複利の力を利用するものです。

ですので短期的な投資にはむかない投資方法です。

金利には、単利複利』があります。

簡単に説明すると次のような説明になります。

単利は元本に対してつく金利です。

単利の例

年間5%の利回りだった場合

元本1,000,000円に対して

1年運用  1,050,000円

2年運用  1,100,000円

3年運用  1,150,000円

4年運用  1,200,000円

5年運用  1,250,000円

銀行での普通預金は単利にあたります。

複利は元本と金利に対してつく金利です。

複利の例

年間5%の利回りだった場合

元本10,000円に対して

1年運用  1,050,000円

2年運用  1,102,500円

3年運用  1,157,625円

4年運用  1,215,506円

5年運用  1,276,281円

投資信託での金利は複利になります。

単利と複利での5年間では複利での運用の方が26,281円利益が出ました。

凄くありませんか?

元本が高くなればなるほど、時間をかければかけるほど複利の力は大きくなります。

これを発見した人は天才だと思います。

男性
男性

まじで凄い!!

これは5年間の運用例ですが、20年間運用した場合はもっと多くの複利の利益があり、40万円の箱を20個持っている場合(現時点では17個までですが・・)800万円の元本になります。

もし暇があれば、年利5%で20年間計算してみてください凄いことになっています。

※初年度から800万円の元本でなく、初年度40万円からはじまっていくので計算は難しいですが・・

それでも銀行預金で得た単利との差は大きくなりそうです。

45歳ではじめたら最初の40万円は65歳まで運用し受け取り、65歳でもらった40万円の箱は85歳まで運用できます。

複利の恩恵を受けた投資信託は老後に受け取るようになるでしょう。

老後2000万円問題に対応できるかもしれません。(元本割れする場合もあるので絶対ではないですが、かなり可能性を秘めています。)

国の基準を満たした商品から選択できる

自分で選ぶより、手数料が安く、比較的低リスクな投資信託(159本)から選ぶことができます。

投資の初心者でもある程度悩むことなく購入手続きができます。

通常の投資信託は6000本程度から選ぶことができますが、どれを選んでいいかわからなくなります。

そして、手数料が高い投資信託やハイリスクな投資信託もありますので、投資の初心者にはかなり高度な知識が必要になります。

資金難になった時に途中売却できる

積み立てている途中で資金難になった時にいつでも売却することができます。

満期まで積み立て続けなければならないのであれば大変ですが、途中売却ができることを考えれば、積み立てNISAは気軽に利用できる制度と言えそうです。

積み立てNISAのデメリットとは

次に積立NISAのデメリットを説明したいと思います。

積立NISAのデメリットは

すぐに結果がでない

低リスクだが低リターンである

選べる投資信託が限られる

通常のNISAが使えない

それでは、以上のデメリットを一つ一つ説明していきたいと思います。

すぐに結果がでない

すぐに結果を求めようとしても無駄です。

毎月の積立も少額なので最初のうちは複利の恩恵はうけられません。積立額が大きくなるにしたがって金利も大きくなっていきます。

私が積立NISAに別の名前をつけるとすれば、『我慢の投資』と名付けたいです。

すぐにお金が欲しい人には、他の投資方法をおすすめします。

低リスクだが低リターンである

大金持ちにはなれません。ミリオネアになるためには年間の投資額40万円では足りないでしょう。

ミリオネアになるためには、投資の勉強をしっかりと行ったうえで、一般の株式や投資信託でリスクをとりながら投資をしていくしかなさそうです。

しかし、低リターンである分、低リスクでもあるので投資の初心者には向いているのではないかと勉強をしてみて思いました。

それでも、順調に20年運用できれば、大きなリターンを得る可能性はあります。

選べる投資信託が限られる

市場にでている投資信託の本数は6000本近くある中で、積み立てNISAで選べる投資信託の数は159本と限られています。

高リターンをとるため、ハイリスクの投資信託は選べないので、勝負をしてひと山当てたい人にはむかない制度です。

但し、積立NISAは国の基準を満たした手数料が低水準、配当が頻繁に行われない(ちょっと投資を始めたばかりの人には配当頻度が低いとどう良いのかわかりにくいとおもいます。)投資信託等に限定していて長期投資にむいています。

ゆっくり堅実にコツコツ積み立てていくのが基本です。

通常のNISAが使えない

私は今まで通常のNISA口座をつくり積み立てを行っていました。

通常のNISAは年間120万円分の投資信託の運用枠があるのですが、私は枠いっぱいまで利用することができませんでした。

なので、年間40万円分の枠である積立NISAの口座を開設しようと思ったのですが、通常のNISAと併用できないとありびっくりしました。

結局、今までNISAで積み立てを行っていた投資信託を売却して、つみたてNISA口座に移行させました。

まとめ

ということで、私は積立NISAを選択し今年の4月からの運用をはじめてみました。

今回、私自身が積立NISAをはじめてみたところ、色々と学べるところがありました。

投資をする時には、お金がいつ欲しいのかしっかり考えてから積み立てをしないとせっかくの投資が無駄になると思います。

途中解約をすることで、複利の恩恵を受けれなかったり、株価が下がるときに売却してしまい元本を割ることだってあります。

私は老後の資金づくりという目的がしっかりあったので、つみたてNISAを選びましたが、5年または10年後の資金づくりであれば通常のNISAを使うなど、違う方法で投資するほうが良いでしょう。

また、投資はやはりリスクを伴います。

安全ということは絶対にないと思っているので、投資に資金をまわしても日々の生活にゆとりを持てる程度の金額にしています。

また、金利は殆どありませんが貯金もしながら投資をすすめています。

今回は長い内容になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

今回の記事は以下の書籍を参考にさせていただいています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました