【便利】噂のポケトル!はたして使い勝手は??

便利グッズ

カバンに飲み物を入れて持ち歩くとき、どんな容器で持ち歩きますか?

ペットボトルですか?

それとも水筒??

そう、私はこれを持ち歩いています。

ポケトルです。

↓   ↓   ↓

初めてポケトルを見た時の私の感想は、こんなの小さすぎて飲んだ気にならない。

といまいち購買意欲をそそられなかったのですが、実際使ってみると・・・

<strong>hiroshi</strong>
hiroshi

これって、なかなか使い勝手良くない??

意外な使い勝手の良さに手放すことができなくなりました。

じゃあどんな使い勝手の良さに惹かれたのかちょっと説明しますね。

ポケトルの容量 120ml この容量が絶妙な量なのです。

500mlペットボトルの約1/4の量ですが、意外にも飲んだという感覚はあるのです。

ペットボトル500mlって結構量が多く感じるし、ビジネスバックに入れるにはかさばり、持ち歩きにはちょっと勝手が悪いと前々から思っていました。

水筒もしかり、保温力はあるが、持っていくには重いしかさばります。

スポンサーリンク

ポケトルの魅力について

ではこれからポケトルの魅力についてお伝えしたいと思います。

魅力その1
デザインがかわいくておしゃれ

魅力その2
カバンに入れてもかさばらず、ポケットに入れても丁度良いサイズ

魅力その3
カラビナ付きカバーなどつけると、ベルトループに装着でき、ウオーキングに最適

魅力その4
保温・保冷効果がある。
※ペットボトルは保温力がなく温かい飲み物はすぐに冷め、冷たい飲み物はぬるくなる。水筒はポケトルと同じく保温・保冷力はあるが、大きすぎてかさばる。

保温効力95度 ⇒(6時間)43度以上室温20度±2度で縦置きにしての水温変化を調べたもの
保冷効力4度 ⇒(6時間)12度以下室温20度±2度で縦置きにしての水温変化を調べたもの

ポケトルの費用は?

安いとは言えない値段ですが、おおよそ1400円程度で購入できます。

長持ちしますし、この値段で十分満足できる商品だと思いました。

カラビナ付きカバーのセットだと2200円程度になります。

私が持っているのはカバーとセットになっているものではありませんが、なくても、カバンやポケットに入るので、全く問題はないと思います。

どうしても見た目やベルトループに取り付けたい方はカラビナ付きのカバーセットを購入されると良いと思います。

どんな場面でポケトルは使える?

さて、私がどんな場面でポケトルを使っているか話していきたいと思います。

職場にあるウオーターサーバーや給茶器のお茶1回量分を入れるのに丁度良く、コップだと冷めたりぬるくなったりする飲み物を長時間保温してくれるため、美味しい状態で飲めています。

また、職場内のみならず、入れた水やお茶を外回りの時に持ち歩いたりできるので、外出先で無駄に自動販売機へ立ち寄らなくて済んでいます。

これは、ポケトルを使う理由として大きいかなと思います。

時々ポケトルを持っていくのを忘れることがあるのですが、そんなときはどうしてもペットボトルを買ってしまい経済的にも打撃を受けます。

他にも出退勤時は、車の中でポケトルを使っています。

私は、このようにポケトルを使っていて、とても満足していますが、給茶器やウオーターサーバーがない職場でも、ペットボトルの飲み物を小分けにして持ち歩くこともできるので、使い勝手は良いかなと思っています。

私の日常生活場面からポケトルの使い勝手について説明しましたが、他にも色々な使い道があるのかなと思います。

〇常用する薬がある人は薬を飲むための水いれに

〇ウオーキングでの水分補給に

〇小さいお子様がいる奥様にはミルクをつくるためのお湯いれに

〇スティックコーヒー、ミルクティー、ココアを作って入れたら丁度良い

共通して言えるのは小さいサイズなので軽くて持ち運びがとても便利なところです。

メガネケースと比較しても小さいサイズのカバン(左写真)にもポケトルはすっぽり入ります。(右写真)

↓  ↓  ↓  ↓

私は、あんまり大きなカバンを持ちたくないので、できる限り小さいカバンででかけます。

ポケトルだったら上の写真のようなカバンでも持ち運びできるので、。

ポケトルは買って良かったと思える商品でした。

お手入れ方法は

小さいので洗いにくさはあるのですが、もっぱら私は飲み口はスポンジで洗い、中は水ですすぐという方法をとっています。

他、3日に1回は食洗器を使っています。

この方法は推奨されていないかもしれませんが、1年間やり続けて何の支障もないので大丈夫だろうと私が勝手に思っています。

※恐らく無塗装のステンレスタイプは色が剥げないからだと思います。

色付きは恐らく塗装が剥げてしまうでしょう・・

また、少し茶渋がつけば、キッチンハイターを少し入れて水をためておけば綺麗に落ちます。

おわりに

ポケトルを購入して1年が経過し、ポケトルロゴもすり減って無くなるほど使い込んでいます。

本当に使ってるの?と思われるといけないので、実際に使っている私のポケトルの写真を載せますね。

↓  ↓  ↓  ↓

何回か落として、蓋の部分が少し凹んでしまっています。

ポケトルは、携帯電話、スマホ、ポケットティッシュ、折り畳み傘、スマホ同様に持ち運びが便利な水筒の携帯版と言えるでしょう。

カバンに入れるものの中にあと一つ加えるとしたら、間違いなくポケトルです。

是非、お出かけのお供にポケトルはいかがでしょうか?

よろしければ応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました