【注意】その節約方法は時間の無駄!効果的な時間の使い方とは?

お金のこと・老後

節約はお金の浪費を抑えるのに効果的ですが、皆さんは、お金の節約をしているときに「何を頑張っているのだろう」と空しくなることってありませんか?

私も空しくなることが良くありました。

何で空しくなるのだろうと考えた結果、理由がわかりました。

私が節約と思ってやっていたことは時間を無駄にしていたからです。

では、その節約方法は時間を無駄にしてまでもしなければならないことでしょうか?

この記事を読んでくださっている皆さんに、時間の大切さについて考えるきっかけになれば幸いです。

この記事では以下の3点のことを中心に話していきたいと思います。

時間を無駄にする節約方法とは

時間の無駄について考える

時間があればできること

スポンサーリンク

時間を無駄にする節約方法とは

時間を無駄にし、節約にならない節約方法2点あげてみます。

スーパーのはしご

安い商品を並んで買う

私もよくやっていました。この2つの節約方法は今すぐ考え直したほうが良いと思います。

なぜ、この2つについて今すぐ考え直したほうが良いのか理由を説明したいと思います。

スーパーのはしご

スーパーのはしごは時間を無駄にしている他、お金の無駄でもあります。

どういことかというと、まずスーパーを2店~3店はしごするときの時間はどのくらいかかるのでしょうか?

私は平気で1時間は移動や買い物に時間を使っていました。

下手すると半日かかることもありました。

具体的に数字で表してみましょう。

まず、近所のスーパーと15km先のスーパーでの買い物を比較します。

近所のスーパー

費用=食材費のみ

時間=買い物の時間のみ

 

15km先のスーパー

費用=移動費+食材費

時間=移動時間+買い物の時間

15km先のスーパーでは移動費移動時間に無駄が出ています。

これは仮に1店のみの時間ですが、2店、3店とはしごすれば更に時間を無駄にしているでしょう。

スーパーのはしごが無駄となっているのが移動にかかっている時間の他、ガソリン代など移動にかかる費用があります。

タクシーのように移動するたびに金額が表示されるのであればいいのですが、目に見えないのであまり気にしないし意識しないと思います。

車の個体差はありますが、1リッターが15km走ると仮定し15km先のスーパーへ買い物行くと

ガソリン代1リットル=120円~140円

往復の移動距離は240円~280円になります。

買い物で280円以上得すれば、お金の面に関しては問題ないですが・・・

やはり時間が無駄になっているのが気にかかります。

安い商品を並んで買う

また、安い商品を買うために並んで待つということです。

商品を並んで買うのに20分も30分もかかっているのであれば少し考え直したほうが良いでしょう。

2~3分待つのであればいいのかもしれませんが・・

以上説明した2つの節約術は金銭面では節約になるかもしれませんが、それに以上に時間の無駄は大きいと思います。

また、『時は金なり』という言葉があります。

もし、買い物のはしごで使う半日時間を労働時間にあてるとどうなるでしょうか?

もし時給が1000円のバイトにあてることができたら、1000円×3時間としても3000円分稼げることになります。

節約についてまとめ記事を書いています。よろしければあわせて読んでみて下さい。

時間の無駄について考える

時間の使い方について、書籍『7つの習慣』をもとに考えていきたいと思います。

時間でお金を稼ぐよりも、もっと大切な時間の使い方があります。

それは、3つ目の習慣で紹介されている『緊急ではない重要なこと』に時間を使うことです。

では、『緊急ではない重要なこと』とはどのようなことか?

書籍『7つの習慣』で書かれている3つ目の習慣をもとに図で表します。

スーパーのはしごや安い商品を並んで買うことは、この図の中では第4領域にあたります。

緊急でもなく重要でもない、時間を無駄にしている節約方法になります。

時間があればできること

例えば

自己研鑽のための勉強(資格の勉強)

趣味活動

リラクゼーション など

一人ひとり考え方は異なると思いますが、充実な時間を送ることができるのは、以上のようなことだと思います。

資格を取ったり、自己研鑽に努めることで、自分自身の知識やスキルが向上したり、趣味活動やリラクゼーションをすることで心に豊かになります。

ここで言う、だらだら過ごすこととリラクゼーションの違いを説明します。

だらだら過ごすことは、自発的な行動ではなく何もしないという受動的な行動になります。

リラクゼーションについては、積極的に体を休めたり、景色の良い場所に行ってみたり、マッサージを受ける等、自発的な行動となります。

自発的に行動した結果としてより良い未来をつくるための芽になるでしょう。

出来る限り、時間は心を豊かにするものや未来の自己投資に使いたいものです。

おわりに

今回の無駄な節約方法についての記事ですが、私自身も時間の活用法について考えるきっかけになればいいなと思い記事にしてみました。

無駄になっているのは、これらの節約術だけではなく他にも沢山あるかもしれません。

時間をより良い未来をつくるための芽になるよう、日頃から無駄な時間を過ごさないように意識していきたいと思います。

生まれてから死ぬまでの時間は有限ですので、できる限り時間を無駄にせず大切にしましょう

以上、長くなりましたが最後まで記事を読んでいただきましてありがとうございました。

また、次の記事で会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました