【おすすめ】シャープナーってどうなの?使い方とメリットについて

家事時短グッズ

今回は私の購入したもので、とても買ってよかったものを紹介します。
「早よ言え!!」と思う方が多いでしょうから早々に紹介したいと思います。

hiroshi
hiroshi

何て言うのこれ?

↓   ↓   ↓   ↓

そう、家事メンの私にとっての3種の神器、シャープナーです。

皆さんも、通販番組とかで観たことがあるのではないでしょうか?

あのシュッと10回程度、包丁を上下させるだけで包丁が砥げるものです。

最初これを見た時、すごく胡散臭いと思っていたのですが、
そんなことはありませんよ。
恐ろしいほどよく切れるんです。
切るときにあのトマトがグシャってならないんですね。
それにとても感動しました。

スポンサーリンク

シャープナーの使い方

もしかしてシャープナーの購入をためらっている方の中では、
扱い方が複雑で面倒くさいんじゃないのか?シャープナーは値段なりの価値は
あるのか?本当に切れるようになるの?
といったところで悩まれるのではないかと
思います。

実際に私も上記に書いたようなことで購入するのを躊躇していました。

でも安心してください。扱い方はとても簡単です。

まずは、シャープナーを片手に持ち

包丁を本体のガイド溝に入れ矢印のように前後に10回程度往復させるだけです。

hiroshi
hiroshi

えっもう終わり?

はい終わりです。これで切れ味鋭い購入したての包丁のようになります
Amazonの説明にもトマトを切る図解が乗っているのですが、
商品を売るための過剰な宣伝だと私も思い半信半疑だったのですが、
本当に切れるんですよ。

あのトマトがグシャっとなったり、野菜を力押しで切ったりすることが
なくなったので、精神衛生上良く
なりますね。

ちょっとAmazonのサイトに移動してしまうのですが、私の持っている実物の説明と
体験以上に詳しく説明されているので、もっと知りたい方は以下のリンクで
確認してみて下さい。

京セラ 手動 研ぎ器 セラミック ロール シャープナー Kyocera RS-20-FP

シャープナーの凄さをまとめてみた。

私が物を買うときの考え方の一つとして、それを買うことで
有限である時間が手に入る
ものを購入したいということを良く考えますが、
シャープナーはそれを満たしてくれました。

そして、このシャープナーのメリットといえば以下の点です。

メリット

①テクニックと時間を要する砥ぎ石での作業がいらない。

②失敗の心配がない。

③砥石みたいに場所をとらない。

④ものすごく軽い。

⑤包丁を研ぐのに1分もかからない。

⑥キレッキレの包丁で調理時のストレス軽減。逆に良く切れてストレス解消。

物を買って、こんなに沢山メリットのある商品はここ最近見当たらなかったです。

たぶん、値段以上のメリットだと思います。
昭和時代に一生懸命砥石で包丁を研いでいたお父さんのことを思うと
本当に申し訳ない
の一言です。

シャープナーのデメリット

これといったデメリットは感じませんでしたが、レビューをみると
私の持っているシャープナーは『セラミック包丁と片刃の包丁には使用できない』
そうです。ちょっとそこら辺は対応のシャープナーを購入されたほうが
良いのではないかと思いますので、購入するときは慎重に・・・
また、私自身はデメリットと感じたことはないのですが、『砥ぎ石と比べると
切れ味が鋭くなる持続性は短い』
そうです。
でも、そんなにしょっちゅう砥がないと切れなくなるということはないです。

私が購入したタイプ以外にもこんなシャープナーもあります。

これは、包丁以外のハサミやカマなどにも使えるそうです。
片刃包丁が砥げないというデメリットにも対応できるかも。

まとめ

シャープナーは結果として、私に時間と調理時のストレス軽減を与えてくれました
こだわる方は砥石で磨かれるととても良いのは間違いないです。
しかし、砥石で30分から2時間程、包丁を砥ぐ時間をあてることを考えると
時間のない私にとって、時間を短縮できるシャープナーという存在は大きな魅力でした。
時給で計算しても、1時間働けば1000円弱(地域差はあるでしょうが・・)、
砥石で砥ぐ30分から2時間でシャープナーが買えると思うとやっぱり購入して
良かったと思えるものでした。
以上シャープナーの紹介です。

今回も記事をみてくださった皆様。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました