【断捨離】書類の処分が意外に難しい理由と整理の方法について

ミニマリスト・断捨離

こんにちはhiroshiです。

郵便受けに永遠に投函されるチラシ。

hiroshi
hiroshi

毎日毎日送られてくる郵便物は処分が面倒くさい。

そして郵便物です。※公的書類やお店からのDM(ダイレクトメール)など・・・

私にとって、投函されるチラシや郵便物とは私たちの貴重な時間を奪う天敵です。

チラシだけならまだしも、冊子を送ってくる輩もいる・・

みなさんも気付いたら家の中が郵便物、チラシ、冊子の山となっていることってありませんか?

我が家では、チラシと冊子をため込むことがなくなりました。

結論を先にお伝えすると大事でないチラシやDMはすぐ捨てる。大事そうな書類は写真を撮って捨てるです。

これだけで終わると少し物足りないと思いますのでこれから詳しく説明します。

スポンサーリンク

郵便受けに投函されてくる書類について

郵便受けに投函されるものとして、

  • チラシ
  • 郵便物(お店からのDM、学校からの書類、請求書、公的書類)

大まかに分けてこの2つがあります。

それぞれについて、簡単に捨てることができない理由を私なりに考えてみました。

チラシの処分が難しい理由

捨てやすさは断然チラシの方が捨てやすいのではないかと思われます。

ところが、チラシには簡単に捨てられなくするお店側のやり口があります。

捨てる判断を鈍らせる罠がチラシについていることが多々あるのです。

それは、クーポン券です。

このクーポン券には200円offだったり、ドリンク1杯無料といった、捨てるとお金まで捨てるような気にさせるものが付いています。

私もこの罠によって幾度となく判断を鈍らさせられました。

ネットで調べるとやはり、業者に向けて数秒で捨てられないチラシの作り方みたいなのが記載されていました。

「やはりそうか!!上手く心理をついている。」と思いました。

簡単にチラシを捨てられないように、業者はお得感を含んだチラシを作っているのです。

なので、気付けば使いもしないクーポン券付きのチラシが1か月も2か月も自宅に滞在してしまうのです。

郵便物の処分が難しい理由

DMについても同様で、お店からくるDMはお誕生日特典だったり、DMを持参すれば〇〇%offなど、「少し保管しとこうかな」と思わせる内容のものが多いです。

子どもの学校から送られてくる書類について、これは、行事予定や学費の請求、PTAについてなどです。

学校から送られてくるものは、重要な内容が書いてあることが多いので、なかなか捨てられるものではないです。

行政手続きや税金(自動車税、固定資産税など)の支払いについては、支払いが済むまで必ずとっておかなくてはなりません。

郵便で、保険証書や契約書類なども届くことがあると思いますが、これらは保管しておく他ありません。

DM以外の学校から送られてくるものや公的書類、契約書類など、見るのも億劫だし後回しになってしまうのも処分を遅らせる原因となっています。

書類の断捨離、保管方法について

それでは、それぞれについて断捨離方法や保管方法をお伝えします。

チラシの処分方法について

チラシは基本的には直ぐに捨てます。

以前は、クーポン券を切り取って保管をしたこともありますが、まず行くことはなかったです。

頻繁に行く場所であれば、切りとって財布に入れておいても良いと思いますが、大抵アプリでクーポン券が発行されているのでやはり必要はないと思います。

たとえクーポン付きであっても1週間以内に行かないお店であれば処分するようにしています。

郵便物の処分方法、保管方法について

郵便物は目につかなくなると長期間に渡り忘れ去られ溜まってしまうので必ず目に見えるようにしておくことがポイントです。

一旦郵便物を保管する場所を決めておいて、そこから振り分けるようにします。

郵便受けを書類を受け取ったら、直ぐに一時置く場所へ持っていくのではなく、その場で処分するかしないか判断します。

大抵、お店から送られてくるDMは直ぐに捨てるようにしています。

良く行くお店の割引が付いている場合は、やむなく保管しています。

初見さんのDMは申し訳ないのですが、直ぐに処分します。

必要なもの、必要そうなものは一時保管場所へ持っていき、その日の内に振り分けを行います。

1日でも後回しにしてしまったら、また次の日に新しい書類が送られてきますので、面倒くさいとは思いますが5分でも良いので時間を確保し書類の確認と処分をしましょう。

契約書、保険証書など大事なものの保管方法

捨ててはいけない契約書、保険証書等の書類は、きちんと保管場所を作っておく。

私が実際にしている方法としては、契約書用、保険証書用の書類保管ファイルを分けて作っています。

学費や固定資産税、自動車税などの支払い用紙はクリアファイルに入れて、マスキングテープに支払い期限を記入しておき、支払い終えたらテープを剥がす等行っています。

※個人情報が分かるため実際の支払い用紙はクリアファイルから抜いています。

明細や請求書について、最近では電子化をすすめられているので、早急に変更手続きをしておきましょう。

また、学校から送られてくる行事のお知らせやPTAのお知らせなど、大事そうなものであれば、スマホで写真に撮るかやスキャンすることで紙媒体で残しておく必要がなくなります。

チラシだけでも投函させない方法

郵便物が送られてくるのは仕方がないにしても、チラシは投函されるのを食い止める方法があります。

完全に食い止めれないかもしれませんが、一定の効果はあると思われるのが、チラシお断りステッカーです。

そもそもチラシを投函してくるのを防ぐため、処分するチラシの量が比例して少なくなります。

そのぶん手間もなくなりますし、クーポン券の誘惑にも乗せられることがなくなります。

まとめ

さて、今回の書類の断捨離についていかがだったでしょうか?

私はこの記事を書きながら書類の処分は難しいと改めて考えさせられました。

書類の処分はまとめてやろうと思うと、とんでもない量が貯まってしまいます。

書類については、タイムリーに処分したり振り分けたりすることが、家が書類で一杯にならないようにするためのコツだと思います。

少し大変だと思いますが、この記事が参考になれば試してみてください。

ちなみに、私が一部参考にした書籍があります。

「きちんとしなきゃ」と頑張る家事から解放されるための知恵が沢山詰まっていて、とても参考になる本でした。

興味があれば、是非読んでみてくださいね。

それでは、今日から書類の処分と整理をやっていきましょう。

きっと清々しい日々を送れると思います。

よろしければ応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました