【習慣化】習慣化したい行動を身につけたいならハードルを下げる。

習慣化

皆さんは、目標を立て、いざ目標に向かって行動をしようと思ったときに続かない、途中であきらめてしまうということはありませんでしょうか?

私もこのブログで習慣化に挑戦中です。(ちなみにこの記事を書いている時点で2か月近く継続することに成功しています。)

目標を達成するための行動を習慣化するためには、ハードルを下げるという話を以前の記事でしました。

ハードルを下げることによって、習慣化することが少し楽になります。

その時の記事での説明がちょっと足りない気がしたので、もう少し深堀しようと思います。

いつもの記事より短めの文章になりそうなので直ぐに読めると思います。

では、本題にうつりましょう。

私達の行動の多くは習慣で出来ています。

無意識によって行われる行動=習慣

となっています。

なので、無意識にとる行動の質が高くなれば、より理想的な人生が送れることは容易に想像つきます。

無意識に行動に起こせる状態を習慣化された状態と言いますが、習慣化されるまでは意思の力が必要になります。

習慣化されていない行動をしようとする際には、とても大きな意思の力が必要になってきます。

ハードルを下げるということは、小さな意思の力でも行動に移すことができる状態のことです。

無意識に行動ができるようになるまでは、行動を起こすためのハードルを下げてみましょう。

スポンサーリンク

ハードルを上げてしまう3つの原因

ハードルを上げてしまう3つの状況を解説します。

・時間がかかる

・行動を起こすのに必要な物が多い

・心理的な負担が大きい

それぞれについて、私の体験をもとに説明していきたいと思います。

時間がかかる

このコロナ禍において、自宅で出来る運動はないかとNintendoSwitchの『リングフィットアドベンチャー』というゲームを購入しました。

最初はやるき満々で、「毎日やるぞ!!」と意気込んでいました。

1ヶ月位は続けることができたのですが、次第にやる気がなくなり、挫折をしました。

これには、大きなハードルが存在していました。

そのハードルとは『時間』だったのです。

『リングフィットアドベンチャー』自体はとても楽しく運動できる良いゲームです。

そのゲームを行うまでに掛ける時間が習慣化を妨げる要因だったのです。

まず、テレビの電源を入れる⇒ゲーム本体の電源を入れる⇒ソフトを入れる⇒リングにリモコンを装着する⇒足にリモコンを装着する⇒ゲームを読み込むロード時間⇒ようやくゲームが始まる。

この行程で3~4分かかります。

これが、毎日繰り返されると面倒くさくなってしまいます。

行動を起こすのに必要な物が多い

『リングフィットアドベンチャー』を行うのに、必要な物品が沢山あります。

まず、運動しやすい服装に着替えたり、リングの準備とリモコン装着、足にリモコン装着など、意外に沢山の物品が必要で運動をするまでに疲れてしまいます。

これだけならまだ良いのですが、私の家では、物品を出しっぱなしにすることは御法度なので、その都度あるべき場所へ収納します。

常に物品が出してある状態であれば、少し負担なく続けられていたかもしれません。

心理的な負担が大きい

また、テレビは家族共有のものなので、ゲームをする時には家族の了承を得なければいけません。

独身でテレビを占有できれば問題ないのですが、家族の了承を得なければならないというハードルが加わるので、心理的な負担が生じてしまいます。

『リングフィットアドベンチャー』自体が悪いのではなく、私のやり方に問題があったのだと思います。

次に紹介するやり方をもとに考えていけば、もちろん運動を習慣化させるには良いゲームになります。

ハードルを下げる3つの方法

・時間をかけなくても直ぐに始められる

・行動を起こすのに必要なものが少ない

・心理的な負担が軽い

ハードルを下げる方法の例『リングフィットアドベンチャー』ではなく、現在、私がやっているブログ記事を書くことを例に説明したいと思います。

時間をかけなくても直ぐに始められる

ブログを始めるのには、まずパソコンを開いてサイトにアクセスするまでの時間が掛かってしまいます。

この時間がハードルになっていますので、パソコンでの作業を最小限に抑えています。

ブログの記事の内容は、持ち運び便利な1冊のノートに色々と思い浮かんだことを書いたり、大まかな構成を書くようにしています。

ノートは一瞬で開くことができ、直ぐに書き込めますので、作業までの時間がとても速いです。

まずはノートに書けばいいと考えるだけなので、作業までの時間の短縮によってハードルが下がります。

大まかな構想が出来てからようやくパソコンを開くようにしています。

ノートを使うことによって、毎日ブログ作業をすることができています。

行動を起こすのに必要なものが少ない

まずは、ブログの構想を考えるのに必要なのはノートとペンだけです。

必要時には本を持ち歩いたり、スマホで調べものをするだけなので物は殆どいりません。

ブログにおいては必要物品は少ないかもしれませんが、行動を起こすのに物が多く必要だと少し習慣化するにはハードルが高くなりそうです。

また形に色々懲りだすと物が増えます。

出来る限りシンプルに物を少なくする方が、ハードルが下がり行動に移しやすくなると思います。

心理的な負担が軽い

ブログを行うにあたって、必ず一人になれる時間を選んで行っています。

というのも、一人でやることでかなり心理的な負担が少なくなります。

毎回、誰かに了解を得ながらやるのは、本当にしんどいです。

妻が家事で一生懸命なところを「俺、筋トレやるから」とか「ブログ書くから」とは言いにくいですものね。

ご家庭があって一人でする時間がとれない方は、やはり早朝か皆が寝静まった頃に何かをするのがベストでしょう。

まとめ

行動を起こすためのハードルに時間、物、心理について説明させていただきました。

何か習慣化したい行動があれば、この3つのハードルを下げる方法を見つけ出してからはじめることをお勧めします。

しっかりとハードルを下げてから行動すれば、きっと習慣化につなげることができるでしょう。

ハードルが高ければ、意思の力が必要となりますが、意思の力ほど不確実なものはないです。

意思の力は、その日の人間関係や仕事で嫌なことがあれば直ぐに弱くなってしまいます。

ハードルが下がっていれば、気持ちが乗らないときにでも行動に移しやすいです。

これら3つのハードルを下げて、これから良い習慣をしっかり身につけ、良い人生を送っていきましょう。

それでは、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました