目標達成のため新しい習慣をはじめる前にすべき大事なこと

習慣化

こんにちは~ひろしです。

簡単な自己紹介です。

介護関係の仕事を20年以上やっています。

そして10年以上、現役のケアマネジャーをやっています。
いきなり聞きますが皆さんには、目標に向かって習慣にしたいことってありますか?

あるから、習慣にしたい!!
たしかにそうですよね。

1日の行動の中に目標達成に必要な習慣が加われば、スムーズに目標を叶えることができます。

でもちょっと待ってください。

その前にやっておきたいことがあります。

それは、現在、自身が1日の中で習慣になっていることを把握して見直すことです。

その理由は1日の習慣を見直さず新しい習慣を取り入れると必ずキャパオーバーになって挫折するからです。

この記事は、達成したい目標なんて何もないという方には必要ないと思います。

ですが・・・

ひろし
ひろし

資格試験に合格したい。

新たなスキルを身につけたい。etc…

と思っている方には参考にして頂けると思います。

ちなみに私は達成したい目標があった時には、この方法でいつも取り組んでいます。

資格を取るために、試験勉強を習慣化し国家資格に合格したときにも、1日の中で習慣になっていることを把握し、目標を達成するための新しい習慣を取り入れるように見直しました。

なので、その具体例も一緒に紹介します。

ごめんなさい

今回の記事は私がブログを書くことを習慣にとりいれた時の具体例です。

資格試験に合格するための習慣をとりいれた具体例ではありませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

新しく習慣をとりいれるときになぜ現在の習慣の見直しが必要なのか?

なぜ、現在の習慣の見直しが必要なのか?

これについて結論を先に言います。

試験勉強や新しく何かをするときに大抵の方は今の習慣をそのままにして、あたらしく勉強を始めるなどの習慣をとりいれがちです。

そうするといくら時間があっても足りなくなり必ず挫折するからです。

そうなる前に、現在の習慣の見直しを行いましょう。

この先、見直しの具体例などを紹介しますが、その前にちょっと習慣化のおさらいをします。

習慣化しているのはどのような状態

前回の記事で習慣について説明した記事がありますが、少しおさらいです。

普段、私達がとっている行動の大半は意識せずにとっている行動です。
1日の行動を振り返ってみても意識して行っている行動は僅かで、大半は自動的に行われています。

歯磨きを行っている時、着替えている時、顔を洗っている時などに意識して行動しているでしょうか?
例えば、この記事を書いている時のキーボードのタイピングも、どこを押さえて文字を入力しているかなど考えながらしていません。

その様な感じで、資格試験の勉強やスキルを身に着けるための勉強をほとんど意識せず、当たり前のようにできるようになれば『習慣化された状態』といえるでしょう。

あわせて読みたい記事

↓  ↓  ↓

習慣化できる行動には限りがある

達成したい目標のために、意識せずにやるべきことができるようになったらとても楽ですよね。

でも、1日24時間と限られている時間の中で、かぎりなく習得できるものではありません。

たくさん習慣化できたら多くの目標が達成できて良いのですが、それは現実的にはありえません。
また、睡眠時間を削ってまでやってしまうと健康を害します。

時間には限界があり人間はスーパーマンではありません。

なので、目標達成するために必要な習慣をしっかりと選ぶ必要があります。

1日の行動を振り返ってみよう

私達は時間が24時間と限られている1日のうちで、習慣にできる行動の量は無限ではありません。

よって目標達成のため習慣化したいことがあれば、現在習慣になっていることを洗い出す必要があります。
1日を振り返って自分がどのような行動をとっているかノートやメモに書きだしましょう

例として私の1日の行動を振り返り、見直しをしてみましたので参考にしてみてください。

1日の行動を見直す前

6:30 起床・ひげを剃る・歯磨き・顔を洗う

7:00 神棚の水を入れ替え手を合わせる・ごみを出す

7:30~17:30 仕事(出退勤の時間含む)

18:00 帰宅

18:40 夕食準備

19:00 夕食・食後の休憩1時間程度

20:00 入浴

20:30 youtubeを観る。テレビをだらだら観る。ウオーキング
    洗濯物を回す・youtubeを観る。洗濯物を干す

23:30 就寝

私の目標は副業としてブログを成功させるということです。

そのため、目標を達成するために不必要な習慣であったyoutube視聴とTV視聴、そしてウオーキングの見直しを行っています。

ウオーキングは40分~1時間かけて行っていましたので時間をかなり使っています。
ウオーキングは良い習慣だったのですが時間をとってしまうので、短い時間でできるヨガと筋トレに変更しました。

ヨガと筋トレをウオーキングの代替えにしたことで時間を確保することができました。

そんな感じで、以下のように見直してみました。

1日の行動を見直した後

5:00 起床・コーヒーを淹れる・洗濯機のスイッチを入れる

5:15 ブログを書く

6:30 洗濯物を干す・ひげを剃る・歯磨き・顔を洗う

7:00 神棚の水を入れ替え手を合わせる・ごみを出す

7:30~17:30 仕事

18:00 帰宅

18:40 夕食準備

19:00 夕食・食後の休憩1時間程度

20:00 入浴

20:30 ブログを書く・読書(1時間40分)・筋トレ・ヨガ(合わせて20分)

22:30 就寝

ここ1か月はこんな感じで1日を過ごしています。
まだ完全に習慣化されておらず、リズムが崩れることがありますが努力しています。

悪い習慣も良い習慣もやめることの大事

結局、1日24時間しかないということは、何かをやめなければ時間を確保することができません。

現在、身についている習慣をやめることは、新しく習慣を身につけることと同じように難しいです。
新しい習慣を身につけるためにはハードルを下げましょう。

そして、今までの習慣をやめるためには逆にハードルをあげると良いです。

やめるためにハードルをあげるとはどういこと?

やめたい習慣がある場合は、その行動をすることが面倒くさくなるようにすることです

それが、ハードルをあげるということです。

例をあげると以下のようになります。

  • youtubeの時間制限を設定し観れなくする
  • アプリを消去、safari設定でsafari自体を使えなくする等
  • だらだらとテレビを観る場合は、テレビのタイマーを設定する。
  • ゲームを長時間してしまう場合はゲームを終えるたびに箱に納める。

他にも色々ありますが、詳しくは別の記事で紹介していますので興味がある方はリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

限りある時間を有効活用するために苦渋の決断が必要

特に見直しで難しく感じたのは、今まで良いと思ってやってきた習慣もやめなければならなかったことです。

私も今回ブログ記事を毎日書くという習慣を身につけるために、良いと思って続けてきたウオーキングを見直さなければならなくなりました。
健康に良いことはわかっているけれど、1回のウオーキングに40分から1時間程度時間をとります。
ウオーキングで時間をとられていては、目標を達成させることができないと感じました。

ウオーキングとブログを毎日書くという習慣を天秤にかけ、苦渋の決断でしたがウオーキングをやめました。
新しいことを始めるときは、今までに身につけた良い習慣をやめなければならないときもあると痛感した瞬間です。

まとめ

何か新しいことを始めるときには、知っておかなければならないことがあります。
それは、1日という限りある時間の中で、習慣になっていることは何かを把握することです。
1日は24時間と決められているので、新しい習慣の上乗せをすることは現実的ではありません。
なので、良い習慣であっても目標達成に必要がなければやめなけれならなくなることもあります。

1日の中で習慣になっていることを把握⇒やめる習慣をピックアップ⇒習慣の再構築

この手順で限りある時間を有効活用してみましょう。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました