【朗報】セリアの100均タッパーが洗いやすくておすすめ

家事時短グッズ
スポンサーリンク

セリアの100均タッパーが洗いやすくておすすめ

洗いやすくて使いやすいタッパーを探し、セリアへ直行しました。

これぞ、最強のタッパー!!

そして、そのタッパーを作ったのはイノマタ化学でした。

hiroshi
hiroshi

これもだったか!!イノマタ化学やるな!

と言いたいです。

このタッパーは今まで私が使用していたタッパーとは段違いで使いやすいものです。

その中でも、洗いやすさは群を抜いています。

タッパーを使うのは良いけど、後洗うのが面倒くさいと思っている人には朗報です。

サッと洗えるので、家事の時短になることは間違いないです。

あまりにも買って良かったので、前回の記事で紹介した、イノマタ化学の製品『小物用水切り』に続き今回も紹介させて頂きます。

ちなみにタッパーというのは、タッパーウェアの製品のことをタッパーと言います。

別の名前でこの製品のことをお伝えしたいのですが、タッパー以外にこの製品を表す言葉が見当たらなかったので、便宜上タッパーと呼ばせてもらっています。

もしかして、保存容器と呼べばいいのかな?

タッパーの耐熱、耐冷温度など使用上の注意点まとめ

恐らく注意書きをよく読む人はあまりいないと思いますので、代わりにこのブログで説明します。

また、商品に書いてある注意書きは字が小さすぎます。

ポイントだけまとめてみました。

①製品性能

耐冷温度 ー20℃

耐熱温度  140℃

②買ったら食器用洗剤で洗う

③レンジでの利用は500W以下

④油分の多い食材(カレー、から揚げ、餃子)は熱が上がりすぎて変形する恐れあり

⑤当分の多い食材(チョコレート、さつま芋等)は熱が上がりすぎて変形する恐れあり

⑥水分の少ない食材、暴発する。

⑦一応、蓋をしたままレンジOK

⑧加熱後は蓋を開ける

⑨直火はNG(する人はまずいないと思いますが一応)

とこんな感じです。

他の100均タッパーと比べ、耐熱、耐冷などの性能差は確認していませんでした。

今回は、洗いやすさと使いやすさに特化し説明させて頂きます。

洗いやすさ、使いやすさセリアの100均タッパーの良いところを紹介

このタッパーの一番押したいポイントはここ

フチがフラットなんです。

よくあるタッパーはフチが溝になっています。

汁やカレーのルウ、食べ物が溝に詰まりやすく、スポンジが中に入りにくい構造です。

溝の中に詰まったものを洗い流すのがストレスになります。

特にカレーなどは、タッパーに入れて弁当として持っていくことが多いと思います。

実際に私もカレーはタッパーにいれて持っていきます。

それ以外の容器に入れて持っていくことはまずありません。

そのタッパーを家に持ち帰って洗う時に溝にカレールウが詰まっていたら地獄です。

取り除くのに相当時間が掛かります。

洗い終えたあと、タッパーの溝にカレールウが残っていたら洗い直しです。

hiroshi
hiroshi

また、洗い直しかよ!!

ほんと、大切な時間が奪われますよね。

他に良い所は、収納もしやすいのがとても好印象です。

ちょうど蓋のくぼみに底がハマって上に積み重ねることができます。

また、同じ蓋どうしなら重ねて収納できるためかさばらないです。

まとめ

hiroshi
hiroshi

今まで使っていたすべてのタッパーさようなら・・

ということで、セリアで買ったイノマタ化学のタッパーに全て変更しました。

今のところレンジで加熱とかもしてみましたが、特に問題はなさそうです。

使いやすい、洗いやすい=時短です。

ほんの少しのことですけど、過ぎてしまった時間は二度と戻りません。

これからも貴重な時間を無駄にしない様に、効率の良い家事を目指していきたいと思います。

本当に考えれば考えるほど、家事は奥深いです。

また、良さそうなものがあれば、このブログで紹介したいと思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

よろしければ、応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました