限界突破は全力を出し切ること(斎藤一人さんのお話より)

習慣化

こんにちはhiroshiです。

皆さんは毎日全力を出し切っていますか?

1日は24時間で限りがあり人は1日でできることに限界があります。

1日24時間という限られた時間の中でできる量を増やすことが出来れば、時間を有効活用できるし、そして運気もアップします。

時間は伸ばしたり短くしたりは出来ないのですが、自分の能力については伸ばすことができると思っています。

自分の限界値をあげれば、1時間掛かっていた掃除も30分でできるようになったり、料理で言えば野菜を切ったり、洗い物をするのも時間を短縮できるはずです。仕事においても作業が早くなることで効率的になります。

家族や一緒に働く同僚にとって有難い存在になれるでしょう。

どうやったら自分の能力を伸ばし、1日24時間という時間を有効活用し運気をアップさせることができるのか?

答えはこうです。

『全力を出し切る』です。

このこと言葉は、12年連続、日本長者番付10位以内という偉業を成し遂げた斎藤一人さんの話から抜粋しています。※2006年から番付が廃止されたので不明

この出し切るという言葉は私の心に響きました。

そして、出し切るについてわかりやすく説明した『畑の話』というものがありますので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

畑の話とは?

300坪も畑を耕せるのに200坪しか耕さない人

50坪しか畑を耕せないが、いつも全力で50坪耕している人

畑の話では、この2人の農夫がでてきます。

50坪しか畑を耕せないが、いつも全力で50坪耕している人はなぜか幸運に恵まれるそうです。

全力を出していくうちに体力もつき、50坪以上耕せるようになります。

300坪も畑を耕せるのに200坪しか耕さないと悪いことばかり起こる。

というお話です。

全力を出し切らない人は能力はあるのになぜか成功しないそうです。

そして、いくらいい果物を持っていたとしても出さなかったら腐るように、能力も出し切らなかったら身体の中で腐ってしまい毒になり、悪いことが次々と起こるようです。

男性
男性

う~ん ほんとうかなぁ

畑の話から学んだこと

不思議な話だけど、この話は理にかなっている感じがします。

ここからは私の解釈ですが、

自分の能力を出し切ると次のようなメリットがあるのではないかと思います。

・能力がない人も、全力でやれば能力の限界値があがる

・一生懸命やっている姿を見て心打た応援する人が出てくる

・能力があっても手を抜いている人を追い越す可能性がある

能力を出し切らなかった人は次のようなデメリットがあるのではないかと思います。

・能力があっても、手を抜くため能力が落ちてくる

・いつも手を抜いているため応援してくれる人がいなくなる

・手を抜くから信用がなくなる

能力があっても手を抜いている人は『自分には能力がある』と高を括っていても、そのうち全力を出している人に敵わなくなってしまうのではないかと思っています。

私は能力がある方とは思えないのですが、気分によって手を抜いているときは恥ずかしながらあります。

この話を聞いて反省するところがたくさんあります。

この話を思い出すたびに『全力出してやるか!!』という気持ちになります。

ちょっと話は逸れますが、これは体力面だけでなく、知恵においてもあるそうです。

良いアイディアがあっても出さないとアイディアも古くなって使いものにならなくなり、時間が経ってからそのアイディアを出しても「今更何?」というふうになると言われていました。

ここで少し思ったことは、自分に自信がなく良いアイディアを自分の中にしまい込んでいることってないでしょうか?

私は多いにあります。

このことも、手を抜くということと変わりがないようです。

自己肯定感が低い人が悪い運勢になっているのも『出し切っていない』ことが関係あるのかもしれません。

私が読んだ斎藤一人さんの本を紹介します

斎藤一人さんの本は自己啓発本になじみがなくても誰もがわかりやすく書かれているので読みやすいです。

お金の話や健康、人間関係などを中心に読む人の心が軽くなるようなお話です。

画像をクリックするとAmazonの公式ページに移動します。

本には付属のCDがついているものもあるので、そちらでも貴重なお話が聴けるのでお得感があります。

まとめ

この話は簡単そうでとても奥の深い話です。

『やるときは全力だしてやる』というスタイルは、自分の能力の限界値を上げるには必要なことではないかと思いますが、それを中々実行できないのが人間です。

この考えを潜在意識に叩き込まれていなければ、すぐに忘れて怠けてしまうのではないかと思います。

もう一つ気になるのが、知恵の出し惜しみです。

畑ということに関しては自分の身体面についてなので全力を出しやすいですが、知恵を出し切るということについては、「これを言ったらあの人からどう思われるだろう?」と考えてしまい難しく感じる方もいるのではないでしょうか?

そのような方は、私が過去に書いた記事が参考になるかもしれません。

↓  ↓  ↓  ↓

この『全力を出し切る』話を一人さんは100回聞きなさいと言っています。

10分もない話なので、100回聞くのも難しくはないと思います。

100回聞く理由は恐らく、頭で理解するだけでなく潜在意識に叩き込むためだと思います。

とても為になる話なので、私も限界を突破し良い運気をアップするため100回聞きを挑戦しようと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

また良い話があれば紹介させていただきたいと思います。

よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました